世界未来予想図展

ー被災地・柏崎から愛を込めて
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< 七ヶ浜・菖蒲田浜復興まつり | main | 9月活動報告(2)こどもアートしちがはま 〜ハンカチアートをつくろう〜 >>

9月活動報告(1):菖蒲田浜復興祭り

 未来予想図実行委員会・清野です。9月に行った七ヶ浜での活動報告です。

●9月10日菖蒲田浜復興祭り
このお祭りは毎年菖蒲田夏祭りとして開催されていたお祭りが、地震の影響で開催が危ぶまれていたのですが菖蒲田浜復興祭りとして秋に開催することとなりました。


昼過ぎからボランティア約500名による浜の記念清掃が行われ、その後、大型コンテナが撤去されたばかりの浜で復興セレモニーが行われました。

セレモニーは菖蒲田地区長さんのお話から始まり、絆の浜づくりと称し、全国や世界から寄せられた砂がボランティアや地元の方々の手によって砂浜にまかれました。

地元の方のお話では、地震前に比べると津波にさらわれて1m近く砂浜の高さが低くなってしまったそうです。

今回寄せられた砂は千葉や沖縄、遠くはハワイ・インドなどから想いのつまった砂が寄せられました。菖蒲田浜が日本で3番目に古い海水浴場であることから、日本で一番古い海水浴場の愛知県・大野海岸からも砂が寄せられました。
地震が発生した14:46には全員で黙祷。その後、津波で失われた七ヶ浜町の町花ハマギクの植栽がボランティアによって行われました。

16時半にお祭り広場が開場。

お祭り広場では、フランクフルトや焼きそばなどおなじみのお祭り屋台のほかに、ボランティアによるキッズ工作コーナーなど沢 山の屋台・交流スペースがならび、多くの地元住民の方で賑わいました。

ステージでは、地元の子ども達によるパーカショングループやご当地ヒーローの ショー・七ヶ浜出身歌手の歌謡ショーなどが行われ、注目を集めていました。

祭りの最後には追悼と復興の願いを込めた花火があげられました。会場のすぐ近くで打ち上げられたので、地面に寝転んで鑑賞する方もたくさんいらっしゃいました。見上げるような大迫力の花火に会場からは、大きな歓声があがり、それぞれの想いとともに復興祭りが終わりました。

お祭り実行委員会のブログはこちら
「菖蒲田浜復興祭り開催御礼」
http://united7beach.blog.fc2.com/blog-entry-47.html
活動報告 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://miraiyosouz.jugem.jp/trackback/42
この記事に対するトラックバック